FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

キッズ&ユース向けイベントのお知らせ

ITらぼ

PICK UP

  • 宇宙エレベーターロボット競技会の運営に協力しました

    【開催日】 2016年11月20日(日)10:00~16:50

    アイデアとプログラミング力を競う日本発祥のロボット競技会「宇宙エレベーターロボット競技会」の運営に協力しました。
    全国から計76チーム、約300名の小中高生が参加し、世界標準のロボット教材をプログラミングして、地上5mに設置された"宇宙ステーション"まで、いかに速く正確にピンポン玉や人形を運ぶかを競いました。また競技後はポスターセッションを行い、互いに交流を深めました。
    中級部門で優勝した高校3年生は「初回からずっと参加しているけど、有終の美を飾ることができてうれしいです」と話していました。

  • ブラインドサッカーVR体験会の運営に協力しました

    【開催日】 2016年7月10日(日)10:00~16:00

    視覚障害者向けの5人制サッカー「ブラインド・サッカー」をバーチャル・リアリティ(VR)で体験できるイベントの運営に協力しました。
    FIFの運営会社であるフューチャー株式会社は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック大会を盛り上げるため、複数の企業・団体と協力して様々な活動を行っています。その一環として、ブラインドサッカーをより多くの人たちに知ってもらおうとVR体験アプリを開発し、夏の大会会場にて来場者向けに体験会を実施しました。
    体験会には子どもから年配の方、外国の方を含めて約200名が参加し、特殊なゴーグルをつけて、ボールの音と選手同士を掛け声だけで行われるプレーを体感しました。
    参加者の一人は「こんな状況でプレーをしているなんて、選手のすごさが改めてわかりました」と話していました。

  • 宇宙エレベーターロボット競技会の運営に協力しました

    【開催日】 2015年11月8日(日)10:00~16:00

    アイデアとプログラミング力を競う日本発祥のロボット競技会「宇宙エレベーターロボット競技会」の運営に協力しました。
    大会には全国から計62チーム、約250名の小中高生が参加。世界標準のロボット教材をプログラミングし、地上5mに設置された"宇宙ステーション"まで、いかに速く正確にフィギュアを運ぶかを競いました。また競技後はポスターセッションを行い、互いに交流を深めました。
    参加した小学生は「舞台の上でスピーチをして、とっても緊張した」、中学生は「将来は宇宙に関わる仕事がしたい」と話していました。

PAGE TOP

これまでの活動報告

2016

2015

2014

2012

2010

2009

2008

2007

2006

PAGE TOP