FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

ブラインドサッカー・バーチャル体験2017

イベントの報告

ブラサカ選手の凄さをVRで体験!

FIFは、昨年に続いて運営会社のフューチャー株式会社と協力し、
視覚障害者向けの5人制サッカー「ブラインドサッカー」を
バーチャル・リアリティ(VR)で体験できるイベントを開催しました。

フューチャーは2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会を盛り上げるため、
他企業と協力して様々な活動を行っています。

その一環として、ブラインドサッカーをより多くの人たちに知ってもらおうと、
2016 年にVR体験アプリを開発し、様々なイベント会場で体験会を行っています。
今年はアプリをバージョンアップし、まるでフィールドの中でプレーしているような
体験ができるように進化させました。

この進化版アプリの体験会を、7月下旬に開催された
「アクサ ブレイブ カップブラインドサッカー日本選手権」
(主催:NPO法人日本ブラインドサッカー協会)の決勝ラウンド会場で行いました。

体験会には、試合を観にきた子どもたちからブラインドサッカーの選手まで
約100名が参加。左右のヘッドホンから聴こえてくるボールの音をたどって、
ボールがどこにあるのかを見つけ、キャッチできたらゴールへ近づきシュートする、
というプレーのシミュレーションを体感しました。

参加者の一人は「音を頼りにボールを探したけど、どこにあるのか全然わからなかった。
こんな状況で思い切ったプレーができるなんて、選手はすごいなあと思いました」
と話していました。


当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2017年7月23日(日)10:00~16:00
場  所 アミノバイタルフィールド(東京都調布市)
開催要項 【参加者】 約100名

主催:フューチャー株式会社
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP