FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

スポーツアイデアソン

イベントの報告

中高生が最新テクノロジーを活用したアイデアを考案

今年初めて開催した「スポーツアイデアソン」には、中学生・高校生16名が参加し、
最新テクノロジーを使ってスポーツイベントを盛り上げるアイデアを考えました。

まず、MRを専用ゴーグル、HoloLensを装着して一人ずつ体験。
2人1組でVR(Virtual Reality:仮想現実)のゲームを作るプログラミングにも挑戦して、
プログラミング未経験者もみんな時間内にオリジナルの迷路ゲームを完成させました。

そしてMRやVRを活用した、2020年東京オリンピック・パラリンピックを楽しむ新しいサービスや
課題解決のアイデアを出し合い、選ばれた4つのアイデアをグループでブラッシュアップしました。

各グループの寸劇などもまじえて工夫をこらしたアイデア発表に、審査員のみなさんも
「アイデアもプレゼンテーションもクオリティが高くてすごい!」と驚いていました。

表彰式の後は4人の審査員のみなさんとのトークセッション。
「なぜスポーツに関わるようになったのですか」「2020年へ向けた新しい取り組みはありますか」
などの質問に、それぞれの立場から熱心に答えてくれました。

最新テクノロジーに触れて、自分たちで新しいことを考え出す楽しさを体感した一日でした。

参加者の声

・MRは初めてだったから面白かった。
・MRは思っていたより立体感があり、キャラクターが現実にいるようでとても楽しかった。
・ハリーポッターの世界みたいに、手をのばしただけで光線が出るMRが新鮮だった。
・プログラミング体験は、画面上で立体の迷路を作るのが大変だったけど、
 自分なりの作品ができてよかった。
・プログラミングのロジックを、ブロックゲームで楽しく、簡単に学ぶことができた。
・アイデアソンは、自分一人では思いつかないアイデアがたくさんあって楽しかった!
・チームで協力してアイデアをまとめていくのが楽しかった。
・パラリンピック競技の楽しみ方がたくさんあることを知り、
 自分ももっと知りたい、他の人にも知ってほしいと思った。
・2020のオリンピック・パラリンピックには、自分もぜひ関わりたい。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト

イベントのお知らせ

最新テクノロジーでスポーツイベントを盛り上げよう!
中高生20名大募集!『スポーツアイデアソン』開催

数年後には、東京オリンピック・パラリンピック大会やラグビーワールドカップなど、
日本で大規模なスポーツイベントが開催されます。
そのスポーツイベントを、MR(Mixed Reality:複合現実)やVR(Virtual Reality:仮想現実)などの
最新技術を使ってもっと楽しんだり、もっと盛り上げたりすることができるかも?!

そんなアイデアをみんなで考えるのが、今回開催する『スポーツアイデアソン』です。

当日はまずヴァーチャルの世界(VR)や、ヴァーチャルとリアルが融合した世界(MR)が
どんなふうに見えるのか、実際にゴーグルをつけて体験し、プログラミングにも挑戦します。

また、MRやVRなどの技術を使って、よりスポーツを楽しむための新しいサービスや観戦方法、
障害者スポーツをもっと多くの人に観てもらう方法などをチームごとに考え、審査員の前で発表します。
面白いアイデアは、実現へ向けてプロジェクトが動き出すかもしれません。

新しいことに挑戦してみたい中高生のみなさん、応募をお待ちしています!


※MR(Mixed Reality:複合現実)とは?
 CGなどの仮想空間と現実空間を組み合わせた、新しい空間をつくる技術のこと。
 たとえば部屋の中にアニメのキャラクターを登場させて、自由に歩き回れるようにすることも可能です。
※アイデアソンとは?
 「アイデア」と「マラソン」を掛け合わせた造語。あるテーマについてみんなで意見を出し合い、
 新しいアイデアを生み出すイベントのことを指します。
※今回創出されたアイデアを具現化する際は、参加者と主催者が互いに協力するものとします。

  • フォト

開催概要

日  時 2017年8月2日(水)10:00~16:30
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark 9F)
  ※JR「大崎駅」南改札口、新西口よりペデストリアンデッキで徒歩2分
開催要項 【定 員】 中学生・高校生 20名

【参加費】
   無料、昼食つき

【プログラム】
 ①MR体験とプログラミングの学習
 ②アイデアソン(個人ワーク・グループワーク)
 ③アイデア発表
 ④表彰式、審査員とのトークセッション

【審査員】
 ・朝日 健太郎 参議院議員、男子バレーボール・ビーチバレーボール元日本代表
 ・上林 功   一般社団法人 超人スポーツ協会 事務局次長
         株式会社スポーツファシリティ研究所 代表取締役
 ・上原 大祐  NPO法人D-SHiPS32 代表、パラリンピック銀メダリスト
 ・村澤 清彰  ライブリッツ株式会社 代表取締役社長
                      (敬称略、氏名50音順)
   
【その他】
 ・現地までの交通費は各自ご負担ください。
 ・応募者多数の場合抽選となります。
 ・必ず保護者の了承を得た上でご参加ください。
  ※保護者の付き添いはご遠慮いただいております。
 
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817 10:00~17:00(土・日・祝祭日除く)、FAX:03-5740-5843

主 催:フューチャー イノベーション フォーラム
協 力:一般社団法人超人スポーツ協会、NPO法人D-SHiPS32
    フューチャー株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社
    ライブリッツ株式会社、株式会社ワイ・ディ・シー
後 援:品川区教育委員会、未来の学びコンソーシアム

※FIFの運営会社であるフューチャー株式会社は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック大会を
 盛り上げるため、複数の企業・団体と協力して様々な活動を行っています。

PAGE TOP