FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

キッズ&ユース向けイベントのお知らせ

その他

PICK UP

  • 2009年度のイベント参加者を対象に追跡アンケートを実施

    4回目となるこの調査は、イベントでの体験が子どもたちにどのような影響を及ぼしたのかを調査し、プログラム向上につなげることを目的としています。
    今回は2009年度の参加者を対象に行いました。調査の結果、約9割の子どもたちが「当時のことを今でも覚えている」と答え、体験後、仕事に対する考えや意識が変わったと回答した子どもは約7割にのぼりました。
    アンケート結果は以下のとおりです。

    ◆質問1.参加したプログラムについて今でも心に残っていることは?
    【物流の最前線】
     ・宅配便を届ける仕事を体験できて、働く側の目線を知ることができた
     ・実際に配達をさせてもらってとても緊張したが、最後にお礼を言われて嬉しかった思い出が
      ある。また、その日に名刺を作ってもらったことも嬉しかった。
    【エネルギーの最前線】
     ・ふだん乗ることのないような船に乗って、入ることのない場所も見学させていただいたことは、
      すごくいい経験になった。
     ・普段めったに見ることのできない船舶内部のエンジンは、私の心を踊らせる体験だった。
    【医療現場の最前線】
     ・普段見られない、病院の裏側やエコー検査の実習体験をさせていただいたこと。医療への関心が
      さらに深まった。
    【スーパーへGO! in 新潟】
     ・お店の裏側を見たときのこと。人びとの活気や包装の仕組みなどがわかった。

    ◆質問2.プログラムに参加したことで、その後の生活や進学、就職に何か変化はありましたか?
    【物流の最前線】
     ・家の近くで佐川急便のトラックを見ると体験したことを思い出し、どのように働いているかを想像し
      よく考えるようになった。また、将来の仕事について考えるようになった。
    【エネルギーの最前線】
     ・中学・高校の部活では「社会科学部」という、社会のことについて考える部活に入っていた。
      そこでエネルギーと社会の関連についての研究をすることになり、この体験が役に立った。
    【医療現場の最前線】
     ・医者を志すきっかけとなった。今は医学部を目指して勉強している。
     ・春から大学生になる。学科は医療現場とはかけ離れているが、将来は電子工学を活用して
      いまの医療現場の助けとなる研究をしたい。
    ◆質問3.職業体験をしたことで、その後、仕事に対する意識や考え方は変わりましたか?
     ・自分の周りでたくさんの大人が働いていることが分かるようになり、仕事の大変さや重要さに
      気づくことができた。楽しい仕事に就きたいと将来のことを考えるきっかけとなった。
     ・医師という仕事は想像どおり大変だと感じたが、より強く医師になりたいと思い、
      勉強へのモチベーションが上がった。
     ・それまでは働くことに対する意識が全然なくて、遠いものだと思っていたが、このイベントに
      参加したことによって、実際に仕事を経験し、自分が実際に働くイメージを持つことができた。
     ・目に見える認知度の高い仕事だけでなく、そのおおもとの部分を支えている多くの職業にも
      目を向けて考えることができるようになった。
    ◆質問4.訪問した企業・団体の皆様やスタッフへメッセージをお願いします。
     ・貴重なお時間を割いての職業体験をありがとうございました。大変実りのあるものとなったと
      5年経った今でも感じております。
     ・5年前に担当してくださった皆様ありがとうございました。私は今、大学に向けて勉強です。
      大学生になり研究所に入りましたら、医療器具の研究に励みたいと思います。
     ・貴重な経験をありがとうございました。普通では体験できないことばかりだったので、
      "特別"な感じがしてとても楽しかったです。
     ・とても楽しいプログラムでした。今でもよく覚えています。
     ・進路や将来を考えるきっかけをありがとうございました。

    ◆質問5.FIFに対してご意見、メッセージをお願いします。
     ・貴重な体験をさせていただき本当に感謝しています。頑張って医者になります。
     ・ありがとうございました。とても貴重な体験ができるのでぜひこれからも続けてほしいです。
     ・これからも小中学生の子どもたちに、このような機会を提供しつづけていってほしいと思います。
     ・参加してみると、抱いていた不安以上に楽しく過ごすことができました。これから先、
      あのような体験をすることはほとんどないと思います。だからこそ、5年前に参加をして良かったと
      思います。本当にありがとうございました。

  • 2008年度のイベント参加者を対象に追跡アンケートを実施

    3回目となるこの調査は、イベントでの体験が子どもたちにどのような影響を及ぼしたのかを調査し、今後のプログラム向上につなげることを目的としています。
    今回は2008年度の参加者を対象に行いました。調査の結果、約半数がイベントでの経験がその後の考え方や進路に影響したと回答し、「今でも記憶に残っていることがある」と答えた子どもは90%以上にのぼりました。
    アンケート結果は以下のとおりです。

    ◆質問1.参加したプログラムについて今でも心に残っていることは?
    【物流の最前線】
     ・配達実習がドキドキしたのをおぼえている。
     ・荷物が自分の家に届くのはとても簡単なことだと思っていたが、実際に体験したら荷物が届くその裏には
      たくさんの人たちの苦労があるのだと強く感じた。
    【エネルギーの最前線】
     ・タンカーにのって、説明を受けながら中の機材などを見られたこと。
     ・渡会長に直接質問ができたこと。
    【カーデザインの最前線】
     ・協力して作りあげたデザインで、賞をもらったこと。
    【空間デザインの最前線】
     ・他の参加者やスタッフとの交流。
    【パソコン組み立て教室】
     ・初めてパソコンの中身を見て、おもしろいと思った。
    【スーパーへGO! in 新潟】
     ・お客さんの目を引くようなPOPを作るには、どこを目立たせればよいかなどを一生懸命考えた。

    ◆質問2.プログラムに参加したことで、その後の生活や進学、就職に何か変化はありましたか?
    【物流の最前線】
     ・体験を通して「仕事」という意味が自分の中で変わった。
     ・このような仕事もあるのだと、参加したことにより将来の夢の幅が広がった。
    【エネルギーの最前線】
     ・今まで知らなかった分野について知ることができた。環境に興味をもった。
     ・理工系の進路も考えた。
    【カーデザインの最前線】
     ・環境をよくすることなどについてよく知らなかった私は、参加したことで環境に興味をもち、
      今は環境について学ぶ高校に通っている。
    【パソコン組み立て教室】
     ・パソコンが好きになった。これからC言語に挑戦する予定。
     ・数学や理科が得意科目となった。将来は理数系の大学へ行きたいと思う。

    ◆質問3.FIFは職業体験イベントを実施していますが、みなさんはいまどんな仕事を体験したいですか?
     ・普段体験できないような、ものづくりをしている企業の仕事を体験したい。
     ・コンピューターソフトのプログラミング。
     ・パイロットなど、航空系の仕事。
     ・宇宙飛行士の訓練を体験してみたい。
     ・語学を活かして、世界と交流する仕事を体験してみたい。

    ◆質問4.訪問した企業・団体の皆様やスタッフへメッセージをお願いします。
     ・普通は体験できない貴重な経験ができ、良い思い出です。ありがとうございました。
     ・今でも、いただいた賞状や立体デザインされた車を飾っています。
     ・とても面白く、興味深い内容だったと今になって思います。
      本当に貴重な体験をありがとうございました。
     ・「働く現場」を見せてくださりありがとうございました。普段見えないところでも働いている
      方がいて、その方々のおかげで見えている部分ができているということが分かりました。
     ・仕事は1人の力だけではできないこと、全ての労働には意味があること、表面では見えなくても、
      誰かの役に立つことなどが分かりました。この体験を生かして将来の夢に向かって頑張りたいと
      思います。
     ・貴重なお時間をさいていただきありがとうございました。とても有意義な時間を過ごすことができ、
      今でも楽しかったのを覚えています。これからもお仕事頑張って下さい。
     ・木製の佐川急便トラックの模型を家に飾っています。CMは元気な社員の印象があります。

    ◆質問5.FIFに対してご意見、メッセージをお願いします。
     ・これからもたくさんのプログラムを企画してください。
     ・いつも通っている普通のスーパーがいつも通いたくなるようなすごいスーパーに変わるきっかけを
      ありがとうございました。店の裏側のすばらしさを知ることができて本当に嬉しく思っています。
     ・普段、決して自分たちでは訪れることの出来ない訪問先や職業体験イベントを企画してくださり
      ありがとうございます。是非、高校生向けのイベントを充実させて下さい。
     ・ふだんできない事を体験させてくれてありがとうございました。このような体験がもっと出きたら、
      自分が何にむいているかわかるのでいいなと思いました。

  • 2007年度の参加者を対象に追跡アンケートを実施

    FIFは活動開始から5年を経た2006年度から、過去のイベント参加者を対象に追跡調査を実施しています。
    これまでの活動を振り返りプログラムの魅力アップを図るとともに、プログラムに参加したことで、その後の生活や進学、就職にどのような変化があったのかを探ることが目的です。
    今回は2007年度の参加者を対象に行いました。調査の結果、回答者の50%がイベントでの経験がその後の考え方や進路に影響したと回答し、変化があったことがわかりました。
    アンケート結果を以下にまとめています。

    ◆質問1.参加したプログラムについて今でも心に残っていることは?
    【物流の最前線】
     ・佐川急便のトラックと大型バスの排気ガスの比較。違いは一目瞭然だった。
     ・自分で荷作りした荷物が自宅に届いたのに感動した。
    【医療現場の最前線】
     ・CGで人体内を見たこと。自分の肝臓をエコーで見たこと。
     ・救急車に乗ったこと。
    【コンビニエンスストアの最前線】
     ・お客さんへの挨拶練習。普段使う「ありがとう」とは気持ちに違う所があると、
      当時小学生だった自分が感じ、今でもよく覚えている。
    【エネルギーの最前線】
     ・静かな涼しい燃料電池車に乗ったこと。
     ・石油タンカーに乗船し、乗船員の方々からお話を伺ったこと。
    【カーデザインの最前線】
     ・未来の車に乗れたこと。クレイモデルをつくれたこと。
    【パソコン組み立て教室】
     ・パソコンの中身がすごく精密だったこと。

    ◆質問2.プログラムに参加したことで、その後の生活や進学、就職に何か変化はありましたか?
    【物流の最前線】
     ・日本の物流がとてもしっかりしているのは佐川さんのおかげだと思いました。
     ・それまでは働くことに甘い考えしか持っていなかったので役に立ちました。
    【医療現場の最前線】
     ・より強く医療の道に進もうと思い、志望校を医療関係の学部にした。
     ・からだのことを前よりも考えるようになった。
    【コンビニエンスストアの最前線】
     ・生活面で物を広く見る視野が備わった気がする。
     ・講習の時に「笑顔で明るく」と言われ、学校でも常にそれを思いながら行動できた。
    【エネルギーの最前線】
     ・エネルギー問題や世界情勢の中での石油問題に目が向くようになった。
     ・科学技術、工学に興味を持ち、高等専門学校へ入学。
    【カーデザインの最前線】
     ・車に関わる仕事をしたいという気持ちが強まった。
    【パソコン組み立て教室】
     ・工学系の学校に進学。現在はPCに関するコースに進んでいる。

    ◆質問3.これからプログラムに参加する子どもたちへアドバイスやメッセージをお願いします。
     ・学校では決して学ぶことができない素晴らしい体験ができたことで、普段の生活の中のちょっとした事
      にも、疑問を持ったり(荷物がどうやって届くのかな?)することの大切さを学んでみてください。
     ・学校の社会科や総合学習で仕事の大切さや社会の仕組みについて教えてもらうけれど、
      実際に目や肌で感じることはできません。このプログラムに参加すれば目や肌で感じることができるので
      いい経験になると思います。
     ・人生の中で普段経験できないことを体験できるのは、非常に自分にとってプラスになります。
      そして、そのような体験は皆さんに何か変化をもたらすかもしれません。さらには新しい視点から
      物事を見られるようになるかもしれません。それはまた勉強とは異なった大切なことです。
     ・何事も挑戦することが大事だと思います。そして楽しみながらいろいろなことを吸収してください。
     ・とても勉強になることやそこに行かないと知ることができないよう貴重な体験ができるので、
      体験したことを忘れず自分の宝としてください。

    ◆質問4.訪問した企業・団体の皆様やスタッフへメッセージをお願いします。
     ・病院のドクターやナースの方々の仕事は大変そうなのに、
      スタッフの人々が手際よくいろいろとやってくれてよかった。
     ・電気自動車に乗るのはすごくワクワクしました。
     ・いつも走って荷物を届けている姿に感激します。これからもがんばってください。
     ・細かな指導をして下さりありがとうございました。カーデザインをリファインしていただいたものは、
      今も大切にとっています。
     ・おにぎりがおいしいと言っていたので今でも思い出しては買います。
     ・もしこのFIFの存在がなければ現在の自分は存在しないと思います。

    ◆質問5.FIFに対してご意見、メッセージをお願いします。
     ・本当に本当に楽しかったです。機会があったら高校に行ってもやりたいです。
     ・参加費用を払ってでも参加したいと思う人がいると思うので、企業と相談してお昼代込みのツアーを
      やってみるのもよいのではないかと思います。
     ・中学生であったあのころに、あのような大変貴重な機会にめぐりあえたことに感謝しています。
      僕の中で中1の時の夏として強く心に残っています。ありがとうございました。
     ・このようなプログラムに参加できて、とても良かったと思いました。職業体験は将来の道を考える上で
      とても参考になると思います。このような職業体験をこれからもぜひ企画してください。
     ・小学生の時から情報工学にふれることはとても良いことだと思いますので、
      ロボット以外にもHSPなどでゲーム作成もいいかもしれません。

PAGE TOP

これまでの活動報告

PAGE TOP