FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

追跡調査2006「5年後のFuture Kidsへ」

イベントの報告

2006年度のイベント参加者を対象に追跡アンケートを実施

FIFは活動開始から5年を経たことを受け、過去のイベント参加者を対象に追跡調査を実施しました。
これまでの活動を振り返りプログラムのさらなる魅力アップを図るとともに、各プログラムに参加したことで、その後の生活や進学、就職にどのような変化があったのかを探ることが目的です。
調査の結果、回答者の6割がその後の生活に何らかの影響があったことがわかりました。
アンケート結果を以下にまとめています。

◆質問1.参加したプログラムについて今でも心に残っていることは?
【医療現場の最前線】
 ・救急医療の方に見せていただいた縫合の仕方。
 ・病院食をみんなで食べたこと、喘息の肺の音を聴いたこと。
【コンビニエンスストアの最前線】
 ・普段はできないレジ打ちなどの体験ができたこと。
 ・副社長から直々に修了証を渡してもらえたこと。
【エンターテインメント発信現場の最前線】
 ・増田社長の「夢しか実現しない」という言葉は強く心に残っています。
【パソコン組み立て教室】
 ・CPUとハードディスクの取り付けが面白かった。

◆質問2.プログラムに参加したことで、その後の生活や進学、就職に何か変化はありましたか?
【医療現場の最前線】
 ・医師を目指そうと思った。
 ・ボランティアでダウン症や自閉症の子どもたちの預かり保育をした。
【コンビニエンスストアの最前線】
 ・いろんな立場から物事が見られるようになれた。
 ・他店とローソンを比べたり、店員さんの挨拶を気にするようになった。
【エンターテインメント発信現場の最前線】
 ・国際関係の分野に進学したいと思っていたが、TSUTAYAに出会い経営学部に希望を変えた。
【パソコン組み立て教室】
 ・「Think Quest Japan」というITイベントに2年参加し、賞をもらった。

◆質問3.これからプログラムに参加する子どもたちへアドバイスやメッセージをお願いします。
 ・最初は緊張しますが、普段知らないことを知ることができるので楽しんでください。
 ・小学生での職業体験は貴重な機会なので、しっかり話を聞いてください。
 ・人生の先輩たちとの出会いは貴重なものです。この機会をぜひ大切にしてください。
 ・日常生活で様々なことに関心を持つきっかけになると思います。
 ・思い切って参加してみると、視野が広がると思います。
 ・日本を越えて世界に目を向けること、興味のあることに没頭すること、
  どんなことも次のステップの自分につながると思います。
 ・少しでも興味があったら参加すべきです。自分の知らないことがこんなにあるんだと
  実感できると思います。

◆質問4.訪問した企業・団体の皆様やスタッフへメッセージをお願いします。
 ・貴重な体験をさせていただいてすごく良い思い出になりました。
 ・普段見ることのできない医療現場を見せていただき、医療を身近に感じることができました。
  ぜひこのような試みを続けてください。
 ・増田社長!あの時、私たちに「20歳を越えたら飲みに連れてってやる!」と仰ったのを覚えてますか?
  私も先日21才になりました。増田社長、お世話になった社員の皆様とまた是非お会いしたいです。
 ・トップの方が中学生相手に熱心にお話ししてくださったのが印象に残ってます。
  本当に良い経験が出来たと思っています。

◆質問5.FIFに対してご意見、メッセージをお願いします。
 ・夏休みの自由研究とさせていただき、優秀作品に選ばれました。
 ・学校の社会科見学や職業体験より楽しく心に残るプログラムでした。
  このようなプログラムをこれからも子どもたちに提供してください。
 ・パソコン組立て、楽しかったです。この春、情報科学科へ進学します。
 ・中学3年生の夏休みの大きな経験になったので、ぜひ続けてください。
 ・進学を考える時、こちらのプログラムへの参加が大きく影響しました。
  TSUTAYAに行くと、今でも職場体験のことを思い出します。
 ・突然届いたアンケート、とても嬉しかったです。この活動に参加したのがきっかけで中学・高校と
  アクティブな活動ができました。これからも子どもたちにたくさんのチャンスを提供してください。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

開催要項 【目 的】
 ・活動を振り返り、参加者にとってより有意義なプログラム内容にするため
 ・プログラムに参加したことで、その後、参加者にどのような変化があったのかを探るため                 
【対 象】
 2006年度のイベント参加者 延べ52名
 ①医療現場の最前線~聖マリアンナ医科大学
 ②コンビニエンスストアの最前線~株式会社ローソン
 ③エンターテイメント発信現場の最前線~カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社
 ④パソコン組み立て教室 
【調査期間】2011年2月16日(水)~3月22日(金)
【回答数】10名(内訳:中学生1名、高校生3名、大学生6名)
【回答率】19%
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846
PAGE TOP