FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

キッズ&ユース向けイベントのお知らせ

社会の最前線

PICK UP

  • 人とITが融合した未来の警備とガードマンの心得を学習

    【開催日】 2017年7月26日(水)10:00~16:00


    たくさんの応募から抽選で選ばれた小学5、6年生19名が、人とITを融合した未来の警備と
    ガードマンの心得を学びました。

    警備ロボットや飛行ロボット、耳にかけるウェアラブルデバイスや画像解析技術といった
    最新のテクノロジーを使って指名手配犯や迷子を捜し出す未来のセキュリティを体験したほか、
    ガードマンの訓練の一部を実際に体験しました。

    また今回初めての試みとして、心臓マッサージの技量を測定するシステムを使った
    救急救命講習を行いました。一人ずつ正しく心臓マッサージができているかどうかをチェックし、
    倒れている人がいたらすぐに助ける勇気を学びました。

    青山社長への質問会では「仕事をするときに大切にしていることは何ですか?」
    「東京オリンピック・パラリンピックの警備で、とくに気をつけていることは何ですか?」
    「小さい頃の夢は何ですか?」など次々に質問。"セキュリティの最前線"を体感した一日でした。

  • 未来の警備とガードマンの心得を学習

    【開催日】 2016年8月4日(木)10:00~16:00

    たくさんの応募から抽選で選ばれた小学5、6年生19名が、人とITを融合した未来の警備とガードマンの心得を学びました。
    耳にかけるウェアラブル端末で危険人物を捜しだす未来の警備やドローンを使った最新の警備システムを体験したほか、AED(自動体外式除細動器)の操作を行い、命の大切さと人を助ける勇気を学びました。
    今回初めての試みとして、ガードマンの訓練の一部を体験。真剣な表情で、キビキビした動きと気合の入った声の出し方を練習しました。
    青山社長への質問会では「今後はどのような警備を目指していますか?」「尊敬する人は誰ですか?」「社長として大変なことは何ですか?」と元気いっぱいに質問し、一日をとおして"セキュリティの最前線"を体感しました。

  • 佐川急便で小学生が物流のしくみを体験!

    【開催日】 2016年7月27日(水) 10:00~16:00

    たくさんの応募者から抽選で選ばれた小学5、6年生19名が、一日セールスドライバーとなり、佐川急便の制服を着て物流のしくみを学びました。
    荷物が届くまでの流れや国際物流について学習したあと、実際に2人1組になって荷物の配達を体験。受け取りの電子サインをもらうと、みんなほっとした様子でした。
    このほか大型物流施設や保冷施設、様々な種類のトラックを見学し、セールスドライバーの一員として東京駅で働いている人型ロボット「HAPPY」も会場に駆けつけてくれました。
    栗和田会長への質問会では、「荷物とまごころを大切にしていることがわかった」「環境にもすごく気をつけていると思った」など一人ずつ感想と質問を発表。みんな「とっても楽しかった!」と元気に帰っていきました。

PAGE TOP

これまでの活動報告

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

PAGE TOP