FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

セキュリティの最前線2017

イベントの報告

人とITが融合した未来の警備とガードマンの心得を学習


たくさんの応募から抽選で選ばれた小学5、6年生19名が、人とITを融合した未来の警備と
ガードマンの心得を学びました。

警備ロボットや飛行ロボット、耳にかけるウェアラブルデバイスや画像解析技術といった
最新のテクノロジーを使って指名手配犯や迷子を捜し出す未来のセキュリティを体験したほか、
ガードマンの訓練の一部を実際に体験しました。

また今回初めての試みとして、心臓マッサージの技量を測定するシステムを使った
救急救命講習を行いました。一人ずつ正しく心臓マッサージができているかどうかをチェックし、
倒れている人がいたらすぐに助ける勇気を学びました。

青山社長への質問会では「仕事をするときに大切にしていることは何ですか?」
「東京オリンピック・パラリンピックの警備で、とくに気をつけていることは何ですか?」
「小さい頃の夢は何ですか?」など次々に質問。"セキュリティの最前線"を体感した一日でした。

参加者の声

・警備員さんになりきって体験できたので楽しかったです。
・ガードマンはこんなに厳しい訓練をしていておどろきました。
・ロボットや機械で犯罪を防げるのがすごいと思いました。
・ドローンをさわったのは初めてでした。動かした方が「未来!」って感じがして、
 とってもおもしろかったです。
・人の命を守るためにどうすればよいかを教えてもらって、すごくためになりました。
・青山社長にたくさん質問ができてよかったです。
 「お客様にありがとうと言われるのが、やりがいです」と聞いて感動しました。
・ALSOKのみなさんの正義感の強さに感動しました。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト

イベントのお知らせ

未来のセキュリティとガードマンの心得を学ぼう!

毎年大好評の「セキュリティの最前線」は、今年で5回目の開催となります。

当日は防弾チョッキを着て、ガードマンの心構えや基本動作を教えてもらったあと、
警備ロボットやドローン、身に着けて持ち歩ける機械を使った未来の警備を体験します。
また救急救命の講習では、正しい心臓マッサージの方法などを学びます。

プログラムの最後には、ALSOKの青山社長への質問会があるので、
もっと知りたいことや疑問に思ったことを聞いてみてくださいね。

一日を通して、社会の安全安心をまもる仕組みを知る貴重な機会です。
みなさん、ふるってご応募ください!

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2017年7月26日(水)10:00~16:00
場  所 ALSOK 本社(東京都港区元赤坂1-6-6)
 ※東京メトロ「赤坂見附駅」B出口より徒歩5分
開催要項 【定 員】 小学5、6年生 20名
【応募期間】2017年6月1日(木)~7月2日(日)
【参加費】 無料、昼食つき

【プログラム】
 1.ALSOKの仕事内容や警備について学習
 2.ガードマンの心得と基本動作の学習
 3.画像解析技術とウェアラブルデバイスを活用した未来の警備体験
 4.ドローンを活用した最新警備の学習
 4.最新システムを用いた救急救命講習
 5.ALSOK 青山幸恭社長への質問会

【その他】
 ・現地までの交通費はご負担ください。
 ・応募者多数の場合抽選となります。
 ・ズボンなどの動きやすい服装、運動靴でご参加ください。
  ※保護者の参加はご遠慮いただいております。ご了承ください。

問い合わせフューチャー イノベーション フォーラム事務局
TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5843

共 催:ALSOK、フューチャー イノベーション フォーラム
協 力:フューチャー株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社、フューチャーインスペース株式会社
後 援:品川区教育委員会

PAGE TOP