FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

イノベーションワークショップ2008-2009

イベントの報告

イノベーションワークショップ2008-2009 第1回開催

イノベーションワークショップ新シリーズは、東京大学先端科学技術研究センターご協力のもと「地球環境とIT」をテーマに、省エネや効率的なエネルギー管理に向けてITをどのように活用していくのか、またITシステム自体の省エネをどう進めていくのかを様々な角度から展望していきます。全4回。
初回は、東京大学先端科学技術研究センター教授の澤昭裕様に京都議定書や排出権取引をめぐる政府間交渉の裏側や問題点について講演いただいたあと、参加者を交えてディスカッションを行いました。

参加者の声

・これまであまり説明されていない背景・問題点を理解でき良かった。
・京都議定書、排出権取引等の基本的な理解できました。判りやすく説明してくださって感謝します。
・(今後のテーマとして)温暖化は本当に問題なのかについて聞いてみたい。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2008年9月25日(木)18:00~19:55
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【テーマ】「地球温暖化問題の裏表」
【スピーカー】東京大学先端科学技術研究センター教授  澤 昭裕様
【参加者】 10名
【ディスカッション概要】
 参加者:排出権取引を率先してやったほうが、結果的に日本経済のためにはいいのでは?
 講 師:排出権取引はあくまでも方法であって、削減目標を達成するには、環境税や省エネ法
     といったほかの方法でも達成できる。問題なのは、目標達成のためにいくつものツー
     ルを持つと、かえって経済を歪めてしまうということだ。すでに日本は相当歪んでい
     る。排出権取引制度を入れる前に、まずはツールを一本化するための議論をすべきだ
     と思う。
 参加者:温暖化防止への取組によって生活にどれだけ負担がかかるのか、私たちにはまったく
     知らされていないのでは?
 講 師:そのとおり。次期枠組みの中で(削減目標を)何パーセントにすべきなのかというこ
     とについて国民の間で議論できるほどの情報量が、ほとんどない状況だ。国民生活に
     どれだけの負担を強いることになるのか、日本政府は数値的な情報を開示すべきだ。
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846

主催:フューチャー イノベーション フォーラム
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP