FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

イノベーションワークショップ2008-2009

イベントの報告

イノベーションワークショップ2008-2009 第3回開催

最終回となる第3回は、東京大学先端科学技術研究センター特任教授の藤本淳様より「ITで導く低炭素社会」をテーマに講演いただいたあと、経団連21世紀政策研究所研究主幹の澤昭裕様コーディネートのもと参加者を交えて意見交換を行いました。

参加者の声

・環境とITの現状と方向性に関して基本が分かり、勉強になりました。ありがとうございました。
・普段はあまり意識していない話をお聞きすることができ非常に興味深かったです。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2009年2月13日(金)18:00~20:20
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【テーマ】「ITで導く低炭素社会」
【スピーカー】東京大学先端科学技術研究センター特任教授    藤本 淳様
【コーディネータ】日本経済団体連合会21世紀政策研究所研究主幹  澤 昭裕様
【参加者】 11名
【ディスカッション概要】
 参加者:ロボット開発をガンダム世代が牽引しているように、環境問題についてもソフト面か
 らのアプローチは有効ではないか?
 講 師:私もそれが切り札かなと思う。都市開発シミュレーションゲーム「SimCity」のよう
     に、どの政策を打てばどのようなグローバル社会を築くことができるかといった、説
     得力の高いゲームができれば、低炭素化社会の実現に向けて良い影響があるのではな
     いだろうか。
 参加者:ITで低炭素社会を導くことはできるのか?
 講 師:できると思う。たとえば家庭での電力消費量を考えてみると、1ヵ月の総消費電力量
     はわかるが、パソコンや冷蔵庫、照明など電化製品の消費電力量が各々どれくらいな
     のか、はっきりとはわからない。そのわからない部分をわかるようにするのが、ITの
     力ではないだろうか。CO2削減のための技術や政策はあるが社会は複雑であるため、
     それが目標達成になかなか結びついていないのが現状だ。ITにより複雑な関係性がわ
     かるようになれば、それだけ効果的な対策を打つことができると確信している。
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846

主催:フューチャー イノベーション フォーラム
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP