FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

インベーションワークショップ2009-2010

イベントの報告

イノベーションワークショップ2009-2010 第2回開催

第2回は、アマゾンジャパン株式会社渉外本部本部長の渡辺弘美様より「プラットフォームビジネスとアマゾンの戦略」をテーマに講演いただいたあと、サイバー大学の前川徹教授コーディネートのもと早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授のコメントを交えながら、参加者によるグループディスカッションを行いました。

参加者の声

・プラットフォームの生と死のコメント、とてもよく理解できました。
・非常に勉強になった。最終的にはユーザーが支持するプラットフォームが生き残っていくのだと思う。
・テーマが絞られており、チームごとのディスカッションにおいても、今後のビジネスのヒントになる
 議論をさせていただけたと思います。

当日の様子

  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2009年12月3日(木)18:00~21:00
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【テーマ】「プラットフォームビジネスとアマゾンの戦略」
【スピーカー】アマゾンジャパン株式会社渉外本部本部長  渡辺弘美様
【コーディネータ】サイバー大学IT総合学部教授      前川 徹様
【コメンテータ】早稲田大学ビジネススクール教授     根来龍之様
【グループディスカッション概要】
 ・ホンダのナビシステムは運転している車自体が情報源になって情報収集をする。ホンダの車
  があればあるほど渋滞情報が正確になるという構造だ。こういった製品が加わってくると、
  製造業の製品もプラットフォーム性を帯びてくるといえる。
 ・プラットフォームはオープンにすればユーザーが集まりやすいが、儲けることを考えるとク
  ローズのほうがよい。どちらの戦略でいくべきか一概にはいえず、歴史的にはオープンとク
  ローズが繰り返されているので、時系列で見ていく必要があるのではないか。
 ・コンビニエンスストアは完全にプラットフォームビジネス。興味深いのは、電子マネーに一
  生懸命取り込んでいるにもかかわらず各社使える電子マネーが違うということ。少しずつ相
  乗りしながら囲い込みを行っている。完全にクローズではないのだが、完全にオープンにす
  ると儲からないという構造になっていて非常におもしろい。
 ・プラットフォームはエコシステム(プラットフォーム+補完製品群)の価値が高いものがよ
  い。しかしエコシステムの価値が向上しても存続できないことはあり得る。それはプラット
  フォームリーダーが収益化できないとき。JAVAは成功したエコシステムをつくりあげたが、
  肝心のサンマイクロはJAVAで儲けていない。
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846

主催:フューチャー イノベーション フォーラム
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP