FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

イノベーションワークショップ2009-2010

イベントの報告

イノベーションワークショップ2009-2010 第3回開催

第3回は、パーク24株式会社代表取締役社長の西川光一様より「パーク24 スペース提供ビジネスからの進化」をテーマに講演いただいたあと、サイバー大学の前川徹教授コーディネートのもと早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授のコメントを交えながら、参加者によるグループディスカッションを行いました。

参加者の声

・パーク24様のビジネスモデルの素晴らしさに感銘を受けました。
・西川社長のお話はとても興味深いものでした。前川先生、根来先生のコメントを的を射たもので
 示唆に富むワークショップだと思います。
・バリューチェーン←→プラットフォーム。この視点でいろいろと見直すことで面白い発見がありそうです。
・サービス業への転換やプラットフォームビジネスへの進出と、大変興味深く聞かせていただきました。
・グループワークはとても有意義でした。

当日の様子

  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2010年2月9日(火)18:00~21:00
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【テーマ】「パーク24 スペース提供ビジネスからの進化」
【スピーカー】パーク24株式会社代表取締役社長  西川光一様
【コーディネータ】サイバー大学IT総合学部教授    前川 徹様
【コメンテータ】早稲田大学ビジネススクール教授  根来龍之様
【グループディスカッション概要】
 ・放送業界にはコンテンツを流すプラットフォームがあり、良いコンテンツが増えれば視聴者
  が増える。広告枠は一定の時間しかないため、視聴者が喜ぶ番組に対して広告主が増えれば
  広告料金が上がるという良い方向へ回っていく。ただ、このモデルも視聴者から見れば無料
  のモデル。テレビだけに限らないメディアミックスもあり、逆に視聴者がお金を払う「ペイ
  テレビ」なども出てきている。視聴者の確保が課題だろう。
 ・スマートフォンがプラットフォームとしてベースにあり、その上に利用者、アプリ開発者、
  キャリアがいる。基本的にこの三者には相乗効果があり、それぞれプラスに働くが、一方で
  キャリアが増えると競争になりマイナス面も出てくる。やはりアプリの開発が最優先。ここ
  に魅力がないと利用者も増えないし、いい相乗効果も見込めない。
 ・鉄道をプラットフォームとして考えた場合、鉄道以外の不動産、商店、リゾート施設など会
  社を兼ねることがある。利用者が増えれば互いに利便性・売上がプラスになる。気をつける
  べきは利用者の増加によって、鉄道自体の混雑や社会インフラなどがついていけないなどの
  マイナス要因もあることではないか。
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846

主催:フューチャー イノベーション フォーラム
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP