FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

イノベーションワークショップ2009-2010

イベントの報告

イノベーションワークショップ2009-2010 第4回開催

最終回となる第4回は、株式会社リクルートの菊池保人様とソフトバンクテレコム株式会社の相田伸彦様に、プラットフォーム戦略の事例をそれぞれ紹介いただきました。その後、サイバー大学の前川徹教授コーディネートのもと早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授のコメントを交えながら、参加者によるグループディスカッションを行いました。

参加者の声

・知らない業界の話も聞けて、非常に参考になりました。
・「プラットフォームビジネス」というテーマはあまり縁のないものだったが、そのことが逆に面白かった。
・大変勉強になりました。また今後の動機付けにもなりました。
・プラットフォームビジネスという同一のテーマで異なるビジネスを分析し、異なる業界の方と
 ディスカッションができて大変勉強になりました。次シリーズもまた参加させていただきたいと思います。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2010年3月2日(火)18:00~20:30
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【事例紹介】
 1.リクルートのビジネスとプラットフォーム視点
    株式会社リクルートMIT Unitedマーケティングプラットフォーム推進室
    エグゼクティブマネジャー、ITアーキテクト       菊池保人様
 2.デジタル情報革命とプラットフォーム
    ソフトバンクテレコム株式会社法人第二営業本部第二営業統括部
    第一営業部部長                    相田伸彦様
【コーディネータ】サイバー大学IT総合学部教授         前川 徹様    
【コメンテータ】早稲田大学ビジネススクール教授        根来龍之様
【グループディスカッション概要】
 ・スマートフォンはキャリア、利用者、アプリ開発者に何をもたらすか。キャリアはデータ通
  信量の増加に伴って課金が増え、収益拡大につながる。利用者は利便性やポータビリティが
  向上する。他方、アプリ開発側はあらゆるものに対応しなければならないため、収益は上が
  らないのではないだろうか。その点、グーグルの「Android」はキャリアを選ばず、ソフト
  ウェア開発がかなり有利だ。おもしろいアプリが出てくればユーザーが流れることが考えら
  れ、プラットフォームに大きな変動が起きる可能性もある。ネットワークの外部性が
  Androidによって広がるのか、そのままi Phoneの独走か、今後の動向を見ていきたい。
 ・ネットでは検索ワードと広告を連動させたサービスが提供されている。ヤフーの「オーバー
  チュア」やグーグルの「アドワーズ」があげられるが、世界中で類似サービスが乱立し、不
  良在庫がたまっていることが問題となった。このため米国では「Ad Exchange」という場が
  誕生し、再入札して欲しいときだけ取るという動きが進んだ。しかし、Ad Exchangeがディ
  スプレイ広告枠価格を劇的に下げる方向に向かっているため、広告枠ではなくAudienceに
  対して広告を打つという新しい形のプラットフォームが生まれてきている。DSP(デマンド
  ・サイド・プラットフォーム)と呼ばれるものだが、今後ますます注目されそうだ。
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846

主催:フューチャー イノベーション フォーラム
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP