FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

イノベーションワークショップ2011

イベントの報告

イノベーションワークショップ2011 第3回開催

第3回は、経済産業省通商政策局アジア大洋州課課長補佐の松島大輔様より「インドビジネスなくして将来はあるのか?」をテーマに講演いただいたあと、キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の瀬口清之様コーディネートのもと、参加者による質疑応答を行いました。

参加者の声

・インドへの投資メリットがとてもわかりやすく理解できました。
・官民連携で、産業を改新したいと思います。
・非常に興味深い話が聞けたと思います。企業ではできないアプローチのヒントになりました。
・日系企業 vs. 欧米企業の成功例、失敗例についても聞きたかったです。
・中小企業の海外進出支援についてどうしていけばよいか、いつも手探りでやっています。
 各国の情報にふれられて勉強になりましたので、今後もこういったワークショップを続けてほしいです。

当日の様子

  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2011年7月15日(金)18:00~21:00
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【テーマ】「インドビジネスなくして将来はあるのか?~方法としてのインド 」
【講 師】 経済産業省通商政策局アジア大洋州課課長補佐  松島大輔様
【コーディネータ】キヤノングローバル戦略研究所研究主幹  瀬口清之様
【講演概要】
 インドでは日本側が何を売りたいかではなく、インド側がいま何を求めているのかを把握し、
 ビジネスを展開していくことが重要である。インド市場への早期進出と現地化に必要なポイン
 トは以下の3つ。
 1.組織の現地化
   日本の市場を念頭においた組織形態では、インド市場は取り込めない。外国との「三角連
   携」や、日本市場ではできないことに取り組んでみるのも良い方法であり、本来は交わる
   ことのない企業同士で新しいサービス、産業を生み出すチャンスがある。
 2.市場の現地化
   インド向けにつくった製品が「リバース・イノベーション」で翻って先進国でも売れると
   いうケースが出始めている。今後は現地製品のなかに日本の部品やパーツ、技術を組み込
   んで市場展開していくことも必要だ。
 3.生産の現地化
   外国とのアライアンスが成立しているため、インドの優良企業とのビジネスアライアンス
   が難しくなってきている。日本企業は合意形成に時間がかかるのがネック。このままでは
   現地でのビジネス・パートナーがいなくなるという危惧がある。

 インド市場にはビジネスチャンスがたくさん埋まっている。規制や既得権益の枠内にある日本
 のマーケットでは実現できなかったアイデア・発想を試すことで、新しいビジネス、新しい産
 業が生まれ、これがまさに日本の今後の競争力の源泉となるだろう。
問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
TEL:03-5740-5817(祝休日を除く平日10:00~17:00)、FAX:03-5740-5846

主催:フューチャー イノベーション フォーラム
協力:フューチャーアーキテクト株式会社

PAGE TOP