FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

プレスリリース

「パソコン組み立て教室」開催のお知らせ
 ITを“使う側”から“創る側”へ

 フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF)は、小中学生を対象にした第3回「パソコン組み立て教室」を下記の要領で開催いたします。
 FIFはITイノベーションの成果である最先端技術を広く社会の発展に活かす場として、2006年1月に設立されました。本プログラムは、FIFのキーコンセプトである「社会貢献」および「未来を担う子どもの創造力の育成」に沿った活動の一環です。パソコンを組み立てるという「モノづくり」の体験を通して、子どもたちにITを"使う側"から"創る側"に立つことの楽しさを実感してもらい、ITへの関心を高めることを目的としています。
 参加者の小中学生(15名程度)は3~4名でチームを組み、はじめにパソコンを構成する部品の名称や機能の説明を受け、チームメンバーで協力しながら、実際に必要な部品を選んで一つずつ組み立て、日ごろ使っているパソコンのしくみや内部の様子を学びます。
 次に組み上がったパソコンにソフトウェアをインストールすることで、子どもたちにソフトウェアのライセンスについて意識させ、著作権の重要性を理解してもらいます。最後に性能を確認するベンチマークテストとして、インターネットへの接続や写真データの加工などを行います。
 各チームにはボランティアで参加しているフューチャーシステムコンサルティング株式会社(以下フューチャー)の社員が付き添い、組み立て手順の説明やサポートを行います。FIFはこうした実体験がコンピュータやソフトウェア、ネットワーク機器に対する興味を高め、ITやその活用への理解とITリテラシーの向上につながると考えています。
 本プログラムは初年度の活動のひとつとして実施しており、今年7月には世田谷区立弦巻中学校で、8月にはフューチャー本社で開催しました。参加者からは「まえからパソコンをしていたけど、つくってみてまたすきになりました」「今度はプログラミングをやってみたい」といった声が寄せられ、単に道具としてパソコンを使うだけでなく、しくみを理解し、モノを創造するプロセスを体験できる場として高い評価をいただいています。
 来年1月には品川区立立会小学校の協力を得て実施を予定しており、今後も定期的な開催、および、全国規模での展開を考えております。

◆開催概要
 日 時:2006年10月15日(日)10:00~16:00
 会 場:フューチャーシステムコンサルティング渋谷本社9F
 参加費:無料
 対 象:中学生、定員15名
 参加方法:郵送、FAXまたはメール
 申込締切:2006年10月6日(金)
 協 力:フューチャーシステムコンサルティング株式会社
 後 援:世田谷区教育委員会
PAGE TOP