FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

プレスリリース

FIF主催「イノベーションワークショップ2011総括セミナー」
東アジアのビジネスチャンス開催報告

 フューチャー イノベーション フォーラム(略称=FIF、代表=牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼社長)は、次世代リーダーの育成と交流を目的に2011年5月より全4回開催しました「イノベーションワークショップ2011~東アジアのビジネスチャンス~」のまとめとして、2011年12月2日に総括セミナーを実施いたしましたのでお知らせいたします。なお、これまで開催しましたイノベーションワークショップの内容につきましてはFIF公式サイト(http://fif.jp/)に掲載しております。

◆講演概要(敬称略)
【第一部】特別講演「グローバル企業戦略とリーダーのあり方」
 株式会社住生活グループ取締役代表執行役社長兼CEO   藤森 義明氏

 グローバル企業の使命は世界が直面する難題を解決できるということであり
企業価値最大化のために必要な要素は、変革、人材、長期的展望である。
 私が現在率いているLIXILでは、世界各国で人々がより良い家で暮らし
をしたいという夢をかなえられる会社になることを目指している。また中期経
営計画では売上3兆円のうち海外比率を3分の1へと高めることを目標に経済成
長力の高いエリアをターゲットにM&Aを進めようとしている。そして会社を
成長させていくために「人材育成」と「思い切った変革」を大事にしている。
まず、グローバル人材の育成には、異なる文化や考え方の違いを尊重するダイ
バーシティを重んじた仕組みの導入が不可欠であり、初代CEOから130年間
ずっと人材育成を重んじているゼネラル・エレクトリック社での経験をベース
にしながらLIXILの仕組みをデザインしている。また変革を起こすために
は、変革の仕組みを社員に教え込まなければならない。社員が現状に満足する
ことなく高みをめざすには、どこへ向かうべきなのかというビジョンを共有す
ることが重要である。
 さらにグローバルリーダーに必要なものは「判断力」と「変革を起こす力」
である。リーダーは部下にビジョンを伝え、共感を抱かせなければならず、ビ
ジョンを作るためには常に世界を見て、世界のもっとも優れたところを見つけ
る学習者であることも必要である。そして、人材を育てるとともにダイバーシ
ティを追求する、これがグローバルリーダーにとって必要だと考えている。

【第二部】パネルディスカッション「東アジアのビジネスチャンス」
 コーディネータ:キヤノングローバル戦略研究所研究主幹  瀬口清之氏
 パネリスト:株式会社リクルートエージェント
       グローバル人材サービス事業部事業部長    貝瀬雄一氏
       キュービーネット株式会社代表取締役社長CEO 北野泰男氏
       前アジア開発銀行地域経済統合室エコノミスト 山寺 智氏

山寺:アジア開発銀行に勤めていた頃リーマンショックが起こった。しかし、
   アジアの人混み、街の勢いは全くそれを感じさせることはなく、日本に
   戻ると雰囲気が真っ暗で、極めて対照的だった。その後、製造業だけで
   なく、最終消費財やサービス業まで、様々な日本企業が次々とアジアに
   押し寄せて来た。コンビニやラーメン等々、様々な「ジャパン」がアジ
   ア各国で受け入れられている。日本企業は益々その売り上げを海外、特
   にアジアで伸ばすことになるであろう。世界経済の比重はASEANプラス
   3(中国、韓国、日本)に移ってきている。今後、日本の株価が、日本
   経済を示す指標ではなく、アジア経済の動向を示す指標、アジアの勢い
   を表す指標になれば、と思っている。
北野:ヘアカットのビジネスには国境がないという理念に基づき、創業5年目
   頃にシンガポールから海外進出を始めた。現在ではシンガポール、香港
   に61店舗と着実に店舗数を増やしているが、進出当時は現地企業とのラ
   イセンス契約の破棄や、ゆとりのない状況でマネジメントを挑ませたこ
   とで事業の継続が困難を極めた時期も経験した。現地では日本のやり方
   を押し付けるのではなく、人間関係の質を向上させ、自分たちの事業で
   あるという当事者意識を刷り込ませることが非常に重要である。またあ
   る程度権限移譲し、時間的、金銭的な余裕を与えると最大限のパフォー
   マンスを引き出せる。
貝瀬:リクルートも日本企業の海外進出にあわせて、現在ではアジアで21拠点
   を展開している。リクルートでは、現地従業員に近い目線で業務を理解
   できるようにするため、社内公募した若手の日本人社員を現地法人採用
   扱いとして現地に送り込まれる責任者の下につけるようにしており、国
   ごとに人事制度をすべて変えて、外国企業との競争のなかで優秀な人材
   の確保に努めている。また日本型のマネジメントに適応できる「ジャパ
   ンファクター」を持った現地の人間を採用することで日本型のマネジメ
   ントがうまくいくケースもある。
瀬口:アジアの将来の成長に向けて、日本が先頭に立ってリードしていくため
   には、各国のいろいろな特徴や習慣を尊重し、現地化を進めることが重
   要だ。また日本としてこだわっていかなくてはいけないものは、共通の
   価値観として現地の従業員と共有するとともに、暗黙知を形式知に変え
   ていくという努力も同時に必要である。そしてグローバル化で求められ
   ている人材とは「現場に足を運び、自分の頭で考える」「リスクにチャ
   レンジするマインドを持っている」「困難に直面しても自分の軸がぶれ
   ない」「成功するまであきらめない」という人ではないかと思う。

◆実施概要  テーマ:東アジアのビジネスチャンス
 開催日時:2011年12月2日(金)15:30~
 場所:明治記念館(東京都港区)
 参加人数:約100名

PAGE TOP