FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

プレスリリース

くらしを支える首都高速道路の「つくる」「つかう」「まもる」技術を学ぼう!
春休み職業体験プログラム「首都高の最前線」 3/27開催

 フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF)と首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:橋本 圭一郎)は、3月27日(火)に小学5、6年生を対象とした職業体験プログラムを実施いたします。
 本プログラムは、他企業と連携し社会貢献活動を行うFIFと首都高速道路株式会社が共同で企画・運営を行うオリジナルプログラムです。
 当日は、周辺環境にも配慮した都市型ジャンクションとして注目される大橋ジャンクションに接続予定の中央環状品川線大橋連結路シールドトンネルの工事現場を見学し、建設現場のスケールを体感しながら首都高速道路の「つくる技術」を学びます。また、西東京管理局では、最新の交通管制システムを用いて約17m×4mの巨大スクリーンに映し出される交通状況を見学し「つかう技術」を学ぶほか、高所作業車での橋梁点検などを体験し「まもる技術」を学びます。さらに、参加する子どもたちには働くことや職業について考えてもらえるよう、現場の社員らと直接対話する場や橋本 圭一郎社長との意見交換の場も設けております。
 参加者の募集は2月1日より、FIFサイト(http://fif.jp/kids/)の申込専用ページのほか、所定の申込用紙にて受付いたします。
 なお、当日の取材にも是非ご出席いただきますようお願いいたします。取材につきましては開催が近づきましたら別途ご案内いたします。

◆実施概要
 日 時:2012年3月27日(火)10:00~16:10
 会 場:首都高速道路株式会社
     大橋連結路シールドトンネル(目黒区大橋)
     交通管制室(西東京管理局・千代田区平河町)
 対象者:小学5、6年生20名 ※応募者多数の場合は抽選となります。
 応募期間:2012年2月1日(水)~2012年3月4日(日)
 応募方法:FIFサイトより、もしくはFAX、メール
 プログラム:
  ①中央環状品川線大橋連結路シールドトンネル工事の現場を見学
  ②交通管制室(西東京管理局)で交通管制システムを見学
  ③高所作業車による橋梁点検デモ、鉄筋探査やコンクリート打音調査体験
  ④首都高速道路橋本社長からのメッセージ、子どもたちとの意見交換
 共 催:首都高速道路株式会社、フューチャーイノベーションフォーラム
 協 力:フューチャーアーキテクト株式会社
 後 援:品川区教育委員会

PAGE TOP