FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

プレスリリース

人と機械の力で社会の安全を守るALSOKの仕事を体験!
小学5・6年生のキャリア教育「セキュリティの最前線」

フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF、事務局:品川区大崎、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼社長)とALSOK(本社:港区元赤坂、社長:青山幸恭)は8月6日(水)に職業体験イベントを実施しました。昨年に続き2回目の開催となる本イベントは、企業と連携し社会貢献活動を行うFIFとALSOKが共同で企画、運営しました。
当日は小学5、6年生19名が、東京都全域の警備システムを24時間体制で監視する基地局「東京ガードセンター」を見学し、画像監視を利用した機械警備システムやAEDの操作体験、警備ロボットの見学を行いました。また、当イベントでは初めての公開となる小型無人ヘリコプターによる監視システムやALSOKセキュリティ科学研究所が開発した話者認識による施錠・開錠システムを体験することで最先端の技術に触れ、人と機械の力で社会の安全を守るしくみについて学習しました。プログラムの最後にはALSOKの青山幸恭社長と直接対話できる場を設け、参加者からは「仕事をしていて一番嬉しいことはどんなことですか?」といった質問や「飛行ロボットなど最新のセキュリティ技術に驚いた」、「ALSOKが守っているのは生命・財産・安心・安全だと知って感動した」、「AEDで人の命を救えるということを初めて知った」といった感想がありました。
FIFは今後も様々な企業とともに、子どもたちの未来に貢献します。

◆実施概要
 日 時:2013年8月6日(水)10:00~16:00
 会 場:ALSOK 本社(東京都港区元赤坂1-6-6)ほか
 参加者:小学5、6年生19名
 プログラム:
  1.東京ガードセンターの見学/機械警備の体験
  2.最新セキュリティの授業
   (小型ヘリによる監視システムの見学/話者認識による錠の体験)
  3.警備ロボットの見学
  4.AEDの操作体験
  5.ALSOK 青山社長との質疑応答
 共 催:ALSOK、フューチャー イノベーション フォーラム
 協 力:フューチャーアーキテクト株式会社
 後 援:品川区教育委員会

PAGE TOP