FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

プレスリリース

人とITの融合警備で未来のセキュリティを体験!
ロボット、ドローン、ウェアラブル端末が登場
小学5、6年生のキャリア教育『セキュリティの最前線』

フューチャー イノベーション フォーラム(略称:FIF、事務局:品川区大崎、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長)とALSOK(本社:港区元赤坂、社長:青山幸恭)は8月7日(金)に小学5、6年生24名を対象に職業体験プログラムを実施しました。今回3回目となる本プログラムは、企業と連携し社会貢献活動を行うFIFと今年創立50周年を迎えたALSOKが共同で企画、運営しました。
当日は近未来の大規模イベントを意識し、「人とITを融合した未来のセキュリティ」をテーマに、新型警備ロボット「Reborg-X」(リボーグエックス)や無人飛行ロボット(ドローン)を活用した最新警備のデモをはじめ、今回初実施となるウェアラブルデバイスを利用した未来のセキュリティ体験を行いました。さらにAEDの操作や防災講習などの命を守るための学習を行い、一日をつうじて社会の安全安心をまもる仕組みについて学びました。
プログラムの最後にはALSOKの青山幸恭社長と直接対話できる場を設け、参加者からは「2020年のオリンピックではどんな警備をしようと思っていますか?」「どのような気持ちで仕事をしていますか?」といった質問や「未来のセキュリティを体験できて楽しかった」「ALSOKは警備だけでなく、ロボットやドローンなど最先端の技術を研究している会社だと思った」「思いやりの心で社会の安全安心を守っていることに感動した」などの感想がありました。
FIFは今後も様々な企業とともに、子どもたちの未来に貢献します。

◆実施概要
 日 時:2015年8月7日(金)10:00~16:00
 会 場:ALSOK 本社(東京都港区元赤坂1-6-6)
 参加者:小学5、6年生 24名
 プログラム:
  1.警備ロボットの見学
  2.ドローンを活用した最新警備の学習
  3.人とITを融合した未来の警備体験
  4.AEDの操作・防災講習
  5.ALSOK 青山社長との質疑応答
 共 催:ALSOK、フューチャー イノベーション フォーラム
 協 力:フューチャーアーキテクト株式会社
 後 援:品川区教育委員会

PAGE TOP