FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

プレスリリース

人とITが融合した未来の警備とガードマンの心得を学習
小学5、6年生のキャリア教育イベント『セキュリティの最前線』

フューチャー イノベーション フォーラム(代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャー株式会社会長兼社長、以下FIF)とALSOK(本社:東京都港区元赤坂、社長:青山幸恭)は、8月4日(木)に職業体験プログラムを実施しました。今回4回目となる本プログラムは、企業と連携し社会貢献活動を行うFIFとALSOKが共同で企画、運営し、小学5、6年生19名が参加しました。
当日は近未来の大規模イベントを想定し、「ITと人が融合した未来のセキュリティ」をテーマに、ウェアラブルデバイスを活用した未来の警備体験や無人飛行ロボット(ドローン)を用いた最新警備のデモをはじめ、防災講習やAEDの操作体験など命を守るための学習も行いました。また初めての企画として、講師からガードマンの心得や基本動作を学び、一日をつうじて社会の安全安心を守る仕組みについて学びました。
プログラムの最後には、ALSOKの青山幸恭社長との質問会を行いました。参加者からは「次に目指している警備はどんなものですか?」「女性はどのような活躍をしていますか?」「社長として大変なことは何ですか?」といった質問や、「ドローンに人工知能が使われていて驚いた」「警備員さんがキビキビ動いていてカッコよかった」「ALSOKは身体、生命、財産を守ってくれている会社だと思った」という感想がありました。
FIFは今年1月に設立10周年を迎えました。今後も様々な企業と連携し、子どもたちの未来に貢献します。

◆実施概要
 日 時:2016年8月4日(木)10:00~16:00
 会 場:ALSOK 稲城ビル(東京都稲城市若葉台1-20)
 参加者:小学5、6年生 19名
 プログラム:
  1.ドローンを活用した最新警備システムの学習
  2.人とITが融合した未来のセキュリティ体験
  3.ガードマンの心得と基本動作の学習
  4.防災講習・AEDの操作体験
  5.ALSOK 青山社長との質疑応答
 共 催:ALSOK、フューチャー イノベーション フォーラム
 協 力:フューチャー株式会社
 後 援:品川区教育委員会

PAGE TOP