FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

宇宙エレベーターロボット競技会2017

イベントの報告

“宇宙ステーション”目指してプログラミングに挑戦

アイデアとプログラミング力を競う日本発祥のロボット競技会「宇宙エレベーターロボット競技会」の
全国大会の運営に今年も協力しました。

5回目となる競技会には、全国から112チーム、約400名の小中高生が集まり、
遠くは韓国ソウルの高校生チームも参加しました。

世界標準のロボット教材をプログラミングして、"宇宙ステーション"に見立てた
高さ4メートルのかごへ、いかに速く正確にピンポン玉やフィギュアを運ぶかを競いました。
またポスターセッションを行い、学年の壁を越えて交流を深めました。

全26チームで競った小学生部門で見事優勝したチームのリーダーは、
「みんなのお陰で優勝できました。うれしいです」と笑顔で話してくれました。

今年は関西や東北でも大会が開かれ、着実に活動の輪が広がっています。
2020年の世界大会を目指して、今後も学校や他企業と協力して取り組んでいきます。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2017年11月5日(日)9:30~16:30
場  所 神奈川大学 横浜キャンパス(横浜市神奈川区)
開催要項 【参加者】
 小学生~高校生 112チーム 約400名
【プログラム】
 ①宇宙エレベーターの講演
 ②競技会
 ③ポスターセッション
 ④表彰式

主催:宇宙エレベーターロボット競技会実行委員会
   (実行委員長:神奈川大学附属中・高等学校 小林道夫教諭)

PAGE TOP