FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

スポーツハッカソン2018

イベントの報告

「スポーツハッカソン」で中高生がARプログラミングに挑戦

昨年の「スポーツアイデアソン」をさらにバージョンアップして開催した「スポーツハッカソン」。
中高生23名が参加し、最新テクノロジーを使ってスポーツイベントを盛り上げるアイデアを考え、
ARプログラミングで実装に挑戦しました。

当日はまずARプログラミングについて学習し、チームでいろいろなアイデアを出し合いました。
その後、学んだARプログラミングを駆使してプロトタイプを作成し、
安藤美姫さんやパラリンピック日本代表の上原大祐さんら審査員の前で発表しました。

最優秀賞には、スポーツイベントの公式キャラクターと写真撮影ができるARカメラアプリが選ばれました。
ほかにも自分のアバターが代わりに試合会場で観戦するアプリや、会場内で同じ選手のファンを見つけて
コミュニティを作るアプリなど、個性豊かなアイデアを発表しました。

表彰式後に行ったトークセッションでは、「壁にあたったとき、どのように乗り越えましたか?」
「みなさんのように海外でも活躍するには、何が必要ですか?」といった参加者の質問に、
審査員のみなさんがそれぞれの経験から真摯に答えてくれました。

プログラミングについて学ぶだけでなく、みんなでアイデアをブラッシュアップし、
プログラミングで形にする楽しさを体感した一日でした。

参加者の声

・自分で書いたプログラムが動くのがとても面白く、もっともっと勉強したいと思った。
・一人では体験できないプログラミングができたのは、とても貴重な経験だった。
 説明も丁寧でとてもわかりやすかったので、家でもやってみたいと思った。
・今はARのプログラミングもこんなに手軽にできることを知っておどろきました。
・みんなモチベーションが高く、とてもハイレベルなディスカッションができて、
 すごく楽しかった。
・初対面のメンバーと意見を出し合って作りあげたものを、評価してもらえて嬉しかった。
・自分が考えたものを別の人が掘り下げていってくれるのが面白かった。
・自分の知らないことを知ることができて、視野が広がった。
・審査員のみなさんの「困難なときこそ自分が成長できるチャンス」という言葉がとても印象に残った。

当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト
  • フォト

イベントのお知らせ

ARでスポーツイベントを盛り上げよう!
『スポーツハッカソン』開催 中高生大募集!
プログラミング未経験者も大歓迎!


2019年はラグビーワールドカップ、2020年は東京オリンピック・パラリンピック大会と
世界中が注目する大きなスポーツイベントが、間もなく日本で開催されます。
そうしたスポーツイベントを、最新テクノロジー「AR(Augmented Reality:拡張現実)」を使って
盛り上げるアイデアを考え、実装する『スポーツハッカソン』を開催します!

当日は、ARプログラミングの基礎を学習した後、その技術を使ってスポーツをより楽しむための
新しいサービスや観戦方法などをチームごとに考え、審査員の前で発表します。
審査員には、プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんや、パラアイスホッケー日本代表の
上原大祐さんらを迎え、参加者のみなさんとのトークセッションも行います。

ARプログラミングの学習や実装に使用する教材は、フューチャーアーキテクト株式会社が
大学生向けに提供するインターンシッププログラム「Fun!versity」の内容を中高生向けに
アレンジしたもので、プログラミング未経験でも楽しく学べる内容となっています。
当日はプログラミングに詳しいスタッフのおにいさん・おねえさんが、みなさんのレベルに
合わせて個別にサポートします!

そして、なんと優勝チームには、VR動画が家庭で楽しめるヘッドセット 「Oculus Go」
が贈られます!

この夏、新しいことに挑戦してみたい中高生のみなさん、ふるってご応募ください!

【AR(Augmented Reality:拡張現実)とは?】
 現実の環境にバーチャルな情報を重ねて表示し、見えている世界を仮想的に拡張する技術。
 「ポケモンGO」の機能や自撮りアプリ「SNOW」などに使われている。

【ハッカソンとは?】
 hack(ハック)+ marathon(マラソン)を掛け合わせた造語。
 集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競う。

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2018年8月7日(火) 10:00~17:00
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社 (東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark 9F)
開催要項 【定 員】
  中学3年生~高校生3年生 24名

【参加費】
  無料、昼食つき

【プログラム】
  1.ARプログラミングの学習、体験
  2.スポーツイベントをテーマにアイデア発想ワーク
  3.チームごとにアイデア検討、AR実装、発表
  4.審査員講評、表彰式、トークセッション

【審査員】
  ・安藤 美姫氏 プロフィギュアスケーター
  ・上原 大祐氏 NPO法人 D-SHiPS32 代表、パラリンピック銀メダリスト
  ・諸橋 寛子氏 一般財団法人 UNITED SPORTS FOUNDATION 代表理事
  ・堀内 亮平氏 コードキャンプ株式会社 取締役COO
   ※審査員のプロフィールは、開催告知リリースをご覧ください。

【その他】
  ・現地までの交通費は各自ご負担ください。
  ・応募者多数の場合抽選となります。
  ・必ず保護者の了承を得た上でご参加ください。
    ※保護者の付き添いはご遠慮いただいております。
  ・ARプログラミングと実装は、こちらでご用意する
   規定のパソコンを使用していただきます。
  ・当日のチームは、プログラミング経験などを考慮した上で、
   主催者側で割り振らせていただきます。

問い合わせ フューチャー イノベーション フォーラム事務局
 TEL:03-5740-5817 10:00~17:00(土・日・祝祭日除く)、FAX:03-5740-5843

主 催:フューチャー イノベーション フォーラム
協 力:コードキャンプ株式会社、NPO法人 D-SHiPS32、一般財団法人 UNITED SPORTS FOUNDATION
    フューチャー株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社
後 援:品川区教育委員会

※FIFの運営会社であるフューチャー株式会社は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピック大会を
 盛り上げるため、複数の企業・団体と協力して様々な活動を行っています。

PAGE TOP