キッズ&ユース活動

ソーシャル

くらしづくりの最前線2018

カインズでDIYやポップづくりを体験

当日の様子

  • 当日の様子
    当日の様子
  • 当日の様子
    当日の様子
  • 当日の様子
    当日の様子
  • 当日の様子
    当日の様子
  • 当日の様子
    当日の様子

イベントの様子はこちら

参加者の声

・せん風機を100万回まわして壊れてしまうかなどの実験をしていて、すごかった。
・商品の並べ方に工夫をしているのを、初めて知りました。
・(POP作りは)写真をとったり、小物の配置を決めたりするのが楽しかった。
・自分たちのPOPがお店に貼られてうれしかった。
・木材にキズをつけたり、ペンキをぬるのは初めてだったから楽しかった。
・色がこかったりうすかったりしたけど、自分的にとてもいい作品ができた。
・オリジナル商品が売り場に出されるまでに1年かかり、1万人以上の人が関わっているということにおどろいた。
・土屋社長の「創るをつくる」という言葉に感動しました。
・これからも役に立つ道具を作ってください。何かアイデアがあったらきちんと伝えます。

今年初めて開催した「くらしづくりの最前線」には、カインズの地元である埼玉県、群馬県、茨城県から小学5、6年生19名が参加し、カインズ本社で新しいライフスタイルを提案するカインズの取組みを学びました。商品の耐久性や安全性をチェックする商品テストの様子を見学し、お店の棚に商品を並べるときのポイントを学んだあと、グループでポップづくりに挑戦。カメラマンやスタイリスト、コピーライターに扮して協力して作り上げました。ポップは実際にお店に貼り出し、みんな大喜びでした。DIY体験では電動工具やペンキを使ってヴィンテージ風のフォトフレームを作り、満足のいく仕上がりに嬉しそうでした。
土屋社長への質問会では「一番自信のある商品は何ですか?」「子どもの頃の夢は?」「今後の目標は何ですか?」など次々に質問し、土屋社長が丁寧に答えてくれました。"自分でつくる"体験を通して、人びとの暮らしを良くするための様々な取組を学んだ一日でした。なお子どもたちが作成したポップは、8月31日までの夏休み期間中、会場となった本庄早稲田店のほか、埼玉・群馬・茨城の店舗に貼り出しました。

【開催概要】

日時
2018年7月26日(木)10:00~16:00
会場
カインズ本社(埼玉県本庄市早稲田の杜1-2-1)
※上越新幹線「本庄早稲田駅」南口より徒歩3分
カインズ本庄早稲田店(埼玉県本庄市早稲田の杜2-1-1)
※上越新幹線「本庄早稲田駅」南口より徒歩5分
対象
小学5、6年生 20名
応募期間
2018年6月7日(木)~7月8日(日)
参加費
無料、昼食つき
プログラム
1.カインズの概要・業務について学習
2.商品テストの見学や商品陳列の学習
3.商品の魅力を伝えるポップの作成体験
4.様々な素材と道具を使ったDIY体験
5.株式会社カインズ 土屋裕雅社長への質問会
その他
・現地までの交通費は各自ご負担ください。
・応募者多数の場合抽選となります。
・ズボンと運動靴など動きやすい服装でご参加ください。
※保護者の付き添いはご遠慮いただいております。ご了承ください。
共催
株式会社カインズ、フューチャー イノベーション フォーラム
協力
フューチャー株式会社
後援
本庄市教育委員会、品川区教育委員会

関連資料

ニュースレター