FIF フューチャー イノベーション フォーラム

FIFはさまざまな企業と協力し、社会貢献活動を行う団体です。

詳細情報

イノベーションワークショップ2018

イベントの報告

「データ活用で実現するビジネス変革」第1回
 ~データを実業に活かす考え方とプロセスを学ぶ~

今年度のイノベーションワークショップは「データ活用で実現するビジネス変革」をテーマに、10月から11月にかけて全3回開催します。人工知能(AI)やIoTなどの最新技術によって収集・分析したデータを活用してどのような付加価値を生み、ビジネスや社会構造を変えていくのかについて講義、ディスカッション、実践を重ねていきます。

第1回は、講師に東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授 松尾豊様、株式会社エクサウィザーズ 代表取締役社長 石山洸様をお招きしました。松尾様からは「AIをめぐる世界の現状と日本企業の戦い方」と題し、AIの現状やディープラーニングの技術を日本企業がどのように活かすべきかについてお話しいただきました。また石山様からは「AIを利活用した新規事業の立ち上げプロセス」と題し、実務レベルでどのようなビジネスを展開しているのか課題と展望をお話しいただきました。
講演後には、講師のお二人とフューチャー株式会社 取締役CTO 齋藤洋平を交えたパネルディスカッションを行い、最後は参加者を交えたフリーディスカッションで活発な議論を交わしました。
詳細は開催報告リリースをご覧ください。

参加者の声

・ディープラーニングの本質がよくわかった。なぜ日本にとって意味のある技術革新なのか腹落ちした。

・AIの活用をどういう観点で検討し、どのように投資を行っていくべきかという話が非常にためになった。

・難しいAIとビジネスの話が非常にわかりやすかった。現場で切り盛りし成功された方のお話は説得力があった。

・ディープラーニングには様々な使い方があり意外と簡単に利用できることがわかった。改めて重要性を認識した。

・AI活用をビジネスに結び付けるには、「広い視野で全体を俯瞰すること」「どのプロセスに手を打つかを見極めること」「利害関係者をつなぐこと」が肝要であると実感した。

・参加者も議論に加わり、講演内容についてより深く、踏み込んで意見交換ができたのは大変よかった。


当日の様子

  • フォト
  • フォト
  • フォト

開催概要

日  時 2018年10月3日(水)18:00~20:00
場  所 フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)
開催要項 【講 師】

 東京大学大学院 工学系研究科 特任准教授  松尾 豊様

 株式会社エクサウィザーズ 代表取締役社長  石山 洸様


【プログラム】

 第1部 講 演

 第2部 パネルディスカッション

 第3部 参加者を交えたフリーディスカッション


PAGE TOP